Topへ
BLOG

BLCC店主黒沢の徒然ブログ。釣果情報やルアー製作の話や昔話、今のルアー開発の礎となる思い出のルアーや人物などの話をしていきたいと思います

Latest Numbers
Back Numbers

■釣行記(相模湖、7,30)

今回は相模湖の釣行記です。

先週の相模湖の状態が良かったので、今回も行ってみました。
先週はバス達が水面付近に沢山居ましたので、
今回はフライも持って行きました。

今回はバス達も水面に浮いていません、水面下に泳いでいます。
フィッシングプレッシャーが掛かっているようでした。

先週とは感じが違います。

水の感じもアオコの元がある感じです、変ってしまいました。

今回のテーマは、BLトンボのテストです。
そしてバスが浮いている所では、フライで釣ってみます。



初めて直ぐにヒット、



2匹目は35センチ位


私にもフライで



BLトンボ



BLトンボ

釣果
二人でBLトンボ6匹最大35センチ、
フライでバス5匹、ギル30匹、Tバドバラシ
BLトンボ、アスリート

■てんぽの釣果

今回はてんぽの釣果写真です。

ペンシルベイトの釣りが大好きな方にお勧めのルアー、てんぽの釣果写真が送られて来ました。

このルアーを引いていますと、ルアーそのものの威力を感じます。

サクトンボといい、このてんぽも名品になると想います。
サクトンボは腕の差が出に悔いルアーですが、てんぽは動かし方でバスの反応がかわり、少しの馴れが必要です。




ビックリしたバス


最近販売したてんぽで



この動きに反応がいい


■釣行記(相模湖7月23日)

今回は釣行の話です。

久々に相模湖に行って来ました。
ボートの釣りです。

簡単に今の相模湖で感じた事をお話します。
水がとてもクリアーで、本来の相模湖の水ではありません。

ここも津久井湖と同じでクリアーで、生命感が無い水です。
宮が瀬湖が出来てから、水が悪い方に変りました。

見た目は綺麗に見えるのだが、魚達には魚体に悪い水らしい。

相模湖は満水で、子バス天国になっています。
虫系や管釣りルアーがありますと、数が釣れます。

今回何匹か大きいサイズがてんぽルアーに来たのだが、
ミスしてしまいました。

二人で子バス7匹、ギル3匹、二ゴイ1匹
サイズは25センチありません
ヒットルアーポプキンス、スプーン、パワーパック、バッタタ、

帰りに道志川を見てきました、ハス2匹
楽しかった。



バッタタのバス



とうとう釣れたパワーパック



道志のハス

■サンドフィッシュ完成

今回はサンドフィッシュ完成のお知らせです。

Tバドと一緒に作っていました、サンドフィッシュが完成しました。
サンドフィッシュはアルミを貼っているのですが、
今回はペイントにしてみました。

色塗りは小畑氏にお願いしました。
今まであまり塗りませんでした、チャートカラーです。

夏から秋にとても実績があります。
ビッグバドの釣りと比べてみてください。

大型のバスが釣れやすくなります。



サンドフィッシュ9センチ23グラム、4500円です。





■嬉しい写真

今回は写真を頂いた話をします。

先日BLCCのTバドをお買い上げ頂いた方から、
釣果写真が来ました。

ビルダーとしてとても励みになる写真です。

釣果写真が来るたびに、作って良かったと想います。

私の想いの入ったルアーが、色々な所で投げられている。
とても嬉しいかぎりです。

最初の一匹から色々と広がります。
積み重ねていって下さい。



BLCCTバドのバス



Tバドのチャート出来上がりました。

■BLCCのTバドの通販

今回はBLCCルアーの通販のお知らせです。

最近BLCCルアーのTバドの通販が出来ませんか、
との問い合わせがあります。

もしも通販を希望の方は、

お名前

ご住所

電話番号

配達時間

BLCCのTバドのカラーと数量を書いて

ファクスで注文して下さい。

価格はTバド一個の場合は、3400円プラス送料の800円です。
2個以上のお買い上げは一個2900円に値下げします。
送料は800円

例、Tバド1個では3400円プラス800円、4200円です
Tバド2個ですと2900円×2で5800プラス800円の6600円
になります。


7月12日現在のTバドの在庫です。


左上アユワカ、5個、右、ブラック、4個
左下アユオチ、3個、中、エルカラー、2個、下パーチ、1個
がある在庫です。


■イトウのメータークラス

今回は先日の北海道の知り合いの知り合いの方から
メーターオーバーのイトウの写真が送られてきました。

この写真の裏には沢山の物語があると想われます。

神のような魚です。色々な試練を乗り越えてこのサイズまで、
大きくなったのでしょう。
顔の怖さがビックリです。

そんな魚を釣るのですから、それなりのドラマが必ずあるはずです。

釣りも結果にこだわる人がいますが、
そこまでのプロセスが大切です。

すべては貴方の物語になるのです。




魚体が凄いメーター8センチ

■臨時休業

今回は臨時休業のお知らせです。

平成26年7月8日92歳で母親が永眠しましたので、
7月9日と10日は臨時休業させて頂きます。

大変ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願いします。





■釣り馬鹿

今回は釣り馬鹿の話をします。

つい先日知り合いが北海道のイトウ釣りに行きました。
今年は天候が今一で、初イトウが釣れないで居るようです。

イトウの釣りはタイミングが、どうも命であるようで、
いい日に当たるかが勝負のようです。

仕事をしていますといい日が分かっていても、
行く事が出来るものではありません。

多くの人は天気図や潮時表を見ながら、
いい日になってくれと考えています。

魚釣りのいい日は悪天候になる確率が高い日です。
今年の彼はイトウ釣りに行くたびに、悪天候で釣りが出来ないで居ました。

今回は天気に恵まれて川を徘徊していました。
そして気配を見つけて、キャスト見事にイトウを掛けました。

89センチのイトウを釣り上げ、カメラの無い事にきずき、
車までもうダッシュで戻る途中で、ふくらはぎをねんざしてしまいました。

びっこを引きながらカメラでイトウの写真を撮り、
その後も足を引きずりながら、2本のイトウを釣り上げたようです。

やっぱり、私と同じ釣り馬鹿でした。



足を引きずりながら撮ったイトウの89センチ
(C) BLCC and Whatcom Inc. All Rights Reserved.