Topへ
BLOG

BLCC店主黒沢の徒然ブログ。釣果情報やルアー製作の話や昔話、今のルアー開発の礎となる思い出のルアーや人物などの話をしていきたいと思います

Latest Numbers
Back Numbers

■サイドリップ

今回は、サイドリップと言う考へ方

BLトンボを作っていると、どうしても考えてしまうウイングの位置、
何処が正解なのか、どの角度がいいのか、

今まで色々とやって来ました。

少しずつ私には見えてきていることがあります。
上手く説明できないのですが、

流れの強さとウイングの長さ、ボディーとウイングのバランス
そして角度と幅、付け方。

寝ていると色々な声が聞こえてきます。
もっと前だよ、もっと後ろ、
もっと小さく、もっと大きく

魚釣りに正確な答えがあるといいのですが、
自然を相手にすると、答えが沢山あります。

後は沢山の実績から答えを導くしかありません。

お店にこられてる人は知っている
BLCCの新作です。



ミノーとシャッドのBLトンボ

■レイルアー入荷

今回はレイルアー入荷のお知らせです。

当店は色々な方にルアーを作っていただいています。
市販には無い、どくとくのルアーです。

ビルダーの皆さん色々な考え方があります。
きっとどれも正解と想うのですが、その中でもこれは凄い

そんなルアーが出来ないか考えています。

市販されているのも、いい物はあるのですが、
遊びと考えると作るのも意味があります。



レイルアー各種



■釣りたいルアー

今回は釣りたいルアーの話です。

だれでも魚を釣りたいときがあります。
どんな魚でも釣りたいときがあります。

そんな時に投げたくなるのが、ジグヘッドのフライです。

トップで釣りたいのですが、ぜんぜん出ないときに
とりあえず一匹と想うときに投げたくなるルアーです。

もともと、トラウトを釣る為に考えたるアーですが、
バスにも威力があります、

知り合いが考えたルアーを昨年テストしていました。

まだ名前がきまっていませんが、テストの結果で販売すかもしれません。



フライ感覚のルアーです。
名前わもう少し使ってから考えます。



うしお君の奇才ボックス
最近、ルアーの話に良く来ます。



カラフルなタックルボックス
手書きのルアーが多くあります。


宣伝



アマゾン大図鑑

■コレクター

今回はスプーンとスピナーの話です。

私達はどうしても昔の話が好きです。
釣具屋ですから最新のタックルも敏感に反応しますが、
どうしても、昔のいい物に興味があります。

いつまでも見ていられます。

どうやって、昔にここまでいい物を作れるのか、
考えてしまいます。

管釣りのマイクロスプーンもいいのですが、
5グラムから28グラムの物が好きです。

手っ取り早く釣れるイメージがあるので、
タックルボックスに必ず入っています。

最近は、バス釣りには使われなくなったルアーですが、
少しアレンジすれば威力があります。

今回、知り合いの高橋教氏が集めたスプーンとスピナーを見せて頂きました。

50年掛けて集められたようです。
懐かしい物が沢山ありました。

一個ずつ写真を取りたかったのですが、
用事があり、残念。




スピナー、今の人は興味あるのか


ツネミ、の景品、こんなので釣りたい


スプーンだらけ


スプーン、どれだけあるのか

忘れかけた名前も、また思い出しました。
たまには、スプーンやスピナーの話を想いっきりしたいものです。

ルアーを見ると釣り場と場所が出てきます。
若い時、沢山投げたルアーは
特に思い出に刻まれています。









■Tバド完成

今回はTバド完成の報告です。

最近はBLトンボばかり作っていました。
BLCCルアーは色々とあるのですが、作れないで居ます。

次々に出てくるアイデアも作れて居ません。
何とももどかしい感じです。

一日がとても短く感じます。


今回はTバドを作りました。

アルミのリップではなく、ポリカのリップです。
私が塗りました。

15個位を作っているのですが、
当店で売れるのは4個です。



BLCC、Tバド、5,7センチ15グラム、3400円


番外
からんばの、うしお君とコラボしてみました
どくとくのカラーリングです。



どこかのお店に行く予定です



■ゲロモンドルアー入荷

今回はゲロモンドルアーの入荷のお知らせです。

ゲロモンドルアーの河西さんが、ルアーを持って来てくれました。
ヘラホッパーです。

同じ場所でポップ音と、テーブルターンが出来る事がテーマで作りました。
カラーはブルーギルを意識しました。

沢山の実績があります。

ホームレイクは千葉方面です。



ゲロモンド、ヘラホッパー、8センチ、17グラム、3000円


釣果情報
津久井湖ボート、40センチ前後、5本、クランク
バス達が動き始めました。


(C) BLCC and Whatcom Inc. All Rights Reserved.