Topへ
BLOG

BLCC店主黒沢の徒然ブログ。釣果情報やルアー製作の話や昔話、今のルアー開発の礎となる思い出のルアーや人物などの話をしていきたいと思います

Latest Numbers
Back Numbers

■相模湖のバス釣り(2017,9,20)

今回は相模湖のボートの釣りです。

久しぶりに相模湖のボートの釣りをして来ました。
今回のお相手は弟です。

今年はボートの釣りをほとんどしていません。
2?3時間の岸からの釣りがほとんどです。

今回は弟の初バス釣りです。
毎年何回か弟と釣りに行くのですが、今年は暑い日が多く
行く機会がありませんでした。

いつもの小川亭から出船です。
平日なのに沢山のつり人が居ました。

水色はあまり良くありません。
朝は少し寒く水面にバスが見えません。
トップの釣りが今一です。

弟がシャッドラップで30センチのバスを釣り上げました。
その後も水面にバスが出る感じがありません。

弟はワームに手を出しました。
そして、直ぐに大きいバスがヒットして来ました。
やはりワームは偉大です。威力が違います。
ただ、残念な事にボートの横でラインブレイク。
下手すぎです。

また、いい思い出が出来ました。

帰りにはついつい道志川を見てきました。
ハスや二ゴイが釣れないか1時間釣りをして来ました。
残念ながら一匹も釣る事が出来ませんでした。
知り合いと久しぶりに会ったのが収穫でした。



弟の初バス嬉しそう





■バイブル

今回は私が色々と参考にしている本の話です。

新作ルアーや新しい事に挑戦する時に、参考にしている本です。
別に英語が読める訳でもないのですが、
洋書が大好きです。

いつまでも観ている事ができます。

いいおじさんが、
真剣におかしいルアーを作っている姿を想像する事が出来ます。

こうすればもっと動く、こうすればもっと釣れる。
そんな感じで作っているはずです。

何とも、時間の経つのが忘れてしまいます。
作っては投げ、がっかりしたり、喜んだり。
はたまた、釣れてしまったら大変な事です。

暫く興奮で眠れないかもしれません。

バスに狂った人多く居ます。
私の周りにはバスが大好きな人が多く居ます。

一番好きなのは私ですが、



観ているだけで時間が過ぎていきます




津久井湖中村ボートの小畑氏から釣果報告です。
コットンではありません、フジです。
ルアーが最高です。







■約束

今回は知り合いの話です。
先日、知り合いが進行性の胃がんで亡くなりました。

冗談で亡くなったら、ブログに書いて欲しい話をしていました。

私がお店をオープンさせてワクワクしている時に、
水槽のバスをずーと眺めている人が居ました。
それが石井氏との最初の出会いです。

それから20年のお付き合いになります。

色々とお世話になりました。
バス釣りが大好きで、自分は釣り馬鹿と言っていました。

ガンが分かってからも釣りをしていました。
もう直ぐ行けなくなるから、
今、釣りをしたいと話していました。

最後の頃は体がきついと笑って話をしていました。

多分天国でも、ニコニコしながら釣りをしているはずです。



石井氏、バドの釣りにはまっていた頃

■BLCCルアー完成

今回はウッドミノー完成の報告です。

最近はミノーばかり作っています。
昨年の釣果をイメージした物を作っていました。

大きいバス達は、ミノーを選ぶのにも法則があるようで、
良く釣れるミノーが存在します。

細かく分類しますと、だんだんと分かってきます。
良く釣れるミノーを並べて、考えて作ります。

ボートの釣りと、岸釣りは考え方が変ります。

色々と分かってきているのですが、
はっきりとは言い切れない感じがあります。

特に秋の釣りはむずかしさがあります。

昨年の今頃は良く釣れていてのに、今年はボウズばかりです。



ウッドミノー、12センチ、20グラム、スローフロティングとシンキング
3700円、ウッドヒノキ

津久井湖の水位
鈴木ボート前がバックウォターで放水無し


■津久井湖の状況

今回は津久井湖の今の状況です。

釣れる人と、釣れない人の差が大きい感じです。
いつまでも、同じ事をしているとドンドン釣れなくなります。

津久井湖も相模湖も濁りがありますが、釣れています。
ただ、だれもが釣れる感じではありません。

水のいい感じな所を、重点的に釣る事を勧めます。
釣果情報が沢山来ています。

サイズはまだあまり大きくありませんが。





北海道のライギョ

今度のBLCCルアーは新作のセガマウスです。
それと、バグドールを作ります。
あと、Tバドも作る予定です。
沢山作れませんが、宜しくお願いします。


■BLシャッド完成

今回はBLCCオリジナルシンキングシャッドです。

このルアーは、ボートの釣りを意識しています。
少し頭下がりで沈んでいきます。

材料もバルサではありません。ヒノキです。
長さの割には重く、スローに沈んでいきます。

イメージはシャッドラップのシンキングです。
キャストしてから少し待つと、ゆっくりと沈んでいきます。

ボートの釣りは、スローシンキングが有効の時が多くあります。
浅い所を広く探る時に有効です。

使い方は、ゆっくり沈みますので落としこみで釣るか、
早めの引き方が有効になります。

あまり引っかかる場合は、ダブルフックにする事を勧めます。



BLCC、BLシャッド、シンキング、オイカワメスカラー
7,5センチ、12グラム、3700円


(C) BLCC and Whatcom Inc. All Rights Reserved.