Topへ
BLOG

BLCC店主黒沢の徒然ブログ。釣果情報やルアー製作の話や昔話、今のルアー開発の礎となる思い出のルアーや人物などの話をしていきたいと思います

Latest Numbers
Back Numbers

■グローリー入荷

今回はグローリールアーの入荷の話です。

グローリーの川久保氏が、ルアーを持って来てくれました。
新作の細身の羽物とテールブレードタイプのルアーです。

ここ数年は、細身の羽物の威力が凄くあり。
バスの好みのルアーがドンドンと変わっています。

羽物のルアーは夏がイメージがありますが、
細身のタイプは長い期間釣れる傾向があります。
きっと、魚に見えている感じです。

それから前回のテールブレードのディスチャージBBです。
ルアーに金属をつけると、どんなルアーでも釣れる様になります。
特にフロントやテールに付けると釣れる感じです。

フルガージャークを意識したテールブレードルアーです。
バズベイト的に使うと威力があります。




左がグローリーセミ、15グラム、4000円
右、ディスチャージ、12グラム、3600円

■相模湖のバスつり(2018,9,12)

今回は相模湖のボートのバス釣りです。

今回のお相手は弟です。
色々と作ったルアーのテストと作って頂いたルアーのテストです。

ルアーはやはり投げてテストです。
淡々とそれを繰り返します。

いつもの小川亭から出船しました。
朝からトップルアーをキャストしたのですが、バスからの応答がありません。少し寒い感じです。

早々、少し潜るレーベルのサスペンドRを投げはじめると、ボートのそばで
子バスがヒットして来ました。

子バス達の活性は良い感じです。
弟もホッテントット投げて、30センチクラスをヒット、
クランクにアタリがあります。

ネン坂の右側は少し水が良い感じで、弟がメタルジグを投げ始めました。
あまりにごりがある時は、使わないメタルジグですが、二ゴイがヒットしてきました。

二ゴイでも釣ろうと投げ始めると、明確なあたりがありバスがヒットしてきました。

バス達はやる気があります。
しっかり良い当たりが来ます。この濁りの中でも見えているのです。

サイズは30センチ前後ですが、
釣れる楽しさがあります。
それから前回バス達が見えた所をメタルで釣ると沢山のアタリがあり。

バスを釣る事が出来ました。
最後はやはり作ったBLトンボを弟に投げさせ、
写真になる魚を釣ってもらいたかったのですが、お決まりのバラシで終わりました。

釣果、弟、バス2匹二ゴイ1匹、私、バス5匹
ルアーはレーベルサスペンドR、ホッテントット、ホプキンス




ホッテントット、昔のルアーも釣れます。







ホプキンス、最近弟が投げるメタルジグ








ホプキンス、私の得意ルアーです。







■グローリー復活

今回はグローリーの川久保氏が、昔作ったジョイントタイプの復活の話です。
このルアーの原点はクリークチャブのウイグルフィッシュになります。
当時、ウイグルフィッシュに似せたタイプで釣りをしていて、
もっと魚ぽくすればもっと釣れるはず、と考えて無理に作って頂いた。

思い出になっているのは、相模川で出来上がったばかりのジョイントをテストの一投でバスがヒットした事がありました。

それから、池原ダムでの沢山のバスを釣り上げた思い出があります。

今回、バルサのタイプを作って頂きました。
特に秋の釣りに威力があるはずです。



上、グローリー、クレィジービート、21グラム、4800円
下、グローリー、ディスチャージBBJ、12グラム、3600円


(C) BLCC and Whatcom Inc. All Rights Reserved.